ボトックス注射を大阪のクリニックで受けて多汗症対策を

腋窩多汗症とは

もともと多汗症に悩んでおり、その中でもワキの臭いが強くなる腋窩多汗症を発症していました。
発症する割合は日本人の1割程度とのことですが、まさにそれに該当していたのです。
ワキガとは異なる症状ですが、発汗が多くなると臭いは強くなってしまいます。
あまりに汗が多いとベタつきますし、ワキガではなくても臭いが強烈になってしまいます。
下着はいつも濡れていますので、下着のカラーには気を配っていました。
濡れているのが目立ちにくいカラーにする必要があるなど、日常生活にすでに支障が出ていたのです。
このままではいけないと思いましたから、いろいろなデオドラントを試してみました。
中にはワキ専用商品もありましたが、体質的な問題で脇汗が多いので、思ったより効果を発揮できなかったです。
入浴すれば臭いはかなり解消しますが、おびただしい発汗を抑えられるわけではありません。
これはもうプロに依頼するしかないと思って、大阪の美容整形クリニックでボトックス注射治療を受けようと思ったわけです。
基本的には脇汗の解消に健康保険は使用できないそうですが、私の場合は適用可能になりました。
辛酸を受けた結果、重度の腋窩多汗症と認められたからです。
脇汗が多くなりすぎると日常生活に影響してしまうことが原因のようです。
美容整形としての施術全般は美を目的にしているので、これらはすべて保険の適用外になります。

腋窩多汗症とは | 痛みを抑える秘密は針 | 春に注射をするのが一番よい?!